セーターと母と仲間と (11) 変わらない

  • 2016.02.29 Monday
  • 12:45

手編みのセーターで皆さんの賞賛を浴びる作戦♪の支援体制も整い

ネコ:あきれてものが言えません。
にやりネコ:病気でたいへんなお母さんに何させる気にゃ。
kyu:はい。仰るとおりで…。でもね、でもね、
  お母さんもちょっと嬉しそうだったのね♪
ネコにやりネコ:どこまで都合が良いかにゃ怒り

仕事で外に出てそのまま帰れる日があって、
miko-mikuは急いで病室へ向かいました。

お隣のベッドのおばあさんにカーテンの隙間から軽く会釈のご挨拶。
それから奥の母の方に進みました。「来たよ〜。」

母は体を起こしてセーターを編んでくれていました。
入院してからはずっとゆかたを着て過ごしていた母。
セーターを編むのにゆかたの袖から見えている腕先が、
あらためて見るととても細くて、一瞬どきっとしました。

* * *

体重は多分かなり落ちていたと思うのですが、
顔も痩せず髪も変わらなかったので、
母自身がよく「お見舞いの人が来てもね、
布団かけて顔だけ出してるとね、あんまり変わっていないと思うのか、
深刻な雰囲気にならなくてすむのよ。助かるわ〜。」と
笑いながら言っていたっけ。

本当に綺麗だった母。
病気になってからは、体はとても辛そうだったけれど、
顔かたちの美とは別の、何か特別な澄み切った美しさが
母を包んでいました。

家によく遊びに来ていた私の友人達が、皆、
入院した母に会いに来てくれて、
何度言われたことでしょうか。
「お母さん、本当に綺麗だね。」

* * *

でも、やっぱり細くなった腕を見ると切ない。
病気の重さも、辛さも、不安も一切口に出さず、
家のこともすごく心配だったと思うのに、
すべてを委ねてくれた母。

今思えば、覚悟のような気持ちが、
あんなにおだやかな優しい笑顔を導いていたのでしょうか。
もともと愚痴めいたことをほとんど言わない母でしたが、
強がるとか気丈といったものと無縁の、でも何か
揺るぎのないものをmiko-mikuは感じていました。

体は相当たいへんだったはずだけど、
でも淡々とセーターを編んでいる母。
miko-mikuの声に顔を上げたその顔にはいつもの微笑みが。

先ずかけるべきは案ずる言葉ではなく、
miko-mikuの嬉しさを。

「わ〜、一気に進んだね〜♪」

(続きます)
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM